芋づる式に治そう! 発達凸凹の人が今日からできること

¥ 1,620 税込

商品コード:

数量

発達障害は治らない
とあきらめなくていいのです。
治しやすいところから
治していけばいいのです。
睡眠・排泄・姿勢
うまくいかないのはなぜ?
それは発達障害の特性は
身体にも潜んでいるからです。
そこに働きかけるカンタンワークをしてみれば
驚くほど短時間で変わっていきます。
いいお医者さんに巡り会えなくても今日からできること満載!

本書目次 ● 巻頭マンガ    「発達障害は治る」なんて言われたら 1 芋づる式に治す! 良いお医者さんに巡り会えなくても、今日からできること      自閉症は身体障害?     なんでこんなカンタンなことで睡眠障害がなくなっていくのか     「身体から力が抜けない」「必要なときに力が入らない」障害?     季節を上手に乗りこなすコツがある     「力を抜く」ことの情緒面・学習面での影響     「自閉症を治す」が難しそうに思えても      2 芋づるのはしっこをつかむ 一日編     発達障害と関節・内臓の発達の遅れ     目覚めのいい朝を迎えるために必要なこと     疲労するから眠れる     きちんと疲れるために     一日の終わりに「ほっとした感覚」をあえて味わうのが大事     金魚あれこれ     「背骨を弛める」ことが目標     「鍛える」よりも「弛める」     一人でもできる金魚体操     ぐるぐる脳みそを休めるためには     背骨を観察する     目の疲れを取る     一日編 まとめ     四季を活かすという発想をしよう      3 芋づるのはしっこをつかむ 春夏秋冬編  じめじめした梅雨をどう過ごすか       ○夏  排泄・循環と水収支をよくするチャンスの季節     苦手な夏をむしろ活用する     夏は「下半身の季節」     汗をかけるようになると     問題行動としての水遊びの原因はどこにあるか     不要なものはきちんと外に出す身体を作る     夏編 まとめ  ○秋  「頑張ることを覚える」のに絶好の季節     実りの秋を迎えるために夏の疲れを取る     腎臓のくたびれと精神状態の関係     夏のくたびれを取るワーク     一人でできる「夏のくたびれ」を取るワーク     くたびれを取って、頑張れる身体を作る     腰が使えない人にもできるワーク     秋は腰を育てる季節     腰と頑張る力     手首、足首も首     身体は、つながるとしっかりする     秋編 まとめ       ○冬  冬は「縮むチャンス」です。     冬って何して遊んでいる?     きちんと縮めない身体は不便     冬に気持ちが焦るのを防ぐワーク     「きちんと座ること」を覚えるチャンス     冬の乾きに気をつける     冬編 まとめ  ○春  「弛めた」成果を堪能する季節     なぜ春は不調が起きやすいのか?     体感を育てよう     花粉症対策一案     骨で動く     春編 まとめ     身体にも潜む一次障害へ対応しよう  あとがきに代えて  治るための四つの考え方  今、「発達障害は治りますか?」ときかれたらこう答えます。