自閉っ子、深読みしなけりゃうまくいく

¥ 1,620 税込

商品コード:

数量

ニキ・リンコさん、そしてみなさん
特別支援教育に
何を望みますか?
アメリカのIEPを「あくまで参考」に、
日本の自閉っ子支援策を考えてみよう。



自閉っ子、深読みしなけりゃうまくいく
ニキ・リンコ+仲本博子 著
  ――目次――

●マンガ 新橋烏森の変
●ニキ・リンコさん、特別支援教育に何を望みますか?
   トニママとの出会い
●あんまり行きたくないアメリカに行くワケ
   親デバイド
   食べ物と遺伝子
   色々な人がいる
   実は日本ってけっこういい
●マンガ アメリカンフード
●トニママ、語る パート1 早く診断受けてよかった
   トニー誕生
   公園デビュー
   人に興味がない我が子
   心配しすぎでもいい
   診断がつかない!
   アメリカの友人には診断がついた
   検査を待つ間
   診断はスタート
   スタンフォードでの診断
   親が診断を受け入れやすい環境
●診断されるのはトクなんだ!
   実は大変浅いワケがある自閉っ子の振る舞い
   診断を受け入れやすい風土の条件
   遺伝で何が悪い
   意外と安上がりでは? アメリカの療育
   自閉を科学的にとらえる
   足りないのは知識
   日本の方が個性重視?
   気にしすぎ、は続いているのか
   ニキによる定型発達研究
   無用な深読み、「心の闇」系解釈
●マンガ 車で覚える
●トニママ、語る パート2 診断を受け入れやすいワケ
   診断を手に交渉が始まる
   違うのがあたりまえの社会
   IEPとは?
   親の義務、学校の義務
●マンガ 留守番
●診断後、すぐに手を打てるのがいい
   早期介入がいちばん大切
   親の負担が多い日本、学校の負担が多いアメリカ
   天才児も支援の対象
   「税金返せ!」
   格差社会とIEP
●マンガ とんちんかんな「心の闇」
●トニママ、語る パート3 IEPの現場から
   サイコロジストに案をもらう
   作業療法
   ゴールを設定する
●自閉っ子の未来計画
   自閉は治る?
   四種類の診断書
   IEPはしんどい?
   身体の問題がわかっている
   自閉っ子療育民営化の現場
   道徳論のせい? 高くついている日本の療育
   情報が一貫して共有されるのはいい
   アメリカなりの縦割り行政
   親の横暴はまかり通っていいのか?
   子どもの未来へのかかわり
   官は全然関与しなくていいのか
●ちょっとティーブレーク
●トニママ、語る パート4 ゴールに向かって
   自閉児クラスへ
●いいとこどりから始めてもらいたい
   駅前留学はどうしてOKなの?
   IQいくつ?
   IQより体力?
   普通学級万歳はどうなのか?
●トニママ、語る パート5 普通クラスへ
   「あれができるから、これができるだろう」はまちがい
   バイトができなくなったワケ
   学力と生活力を切り離して考える
   特別支援学級の一日
   エイドの役割
   ずるいって言われない
   放課後の問題
●トニママ、語る パート6 親としてのチャレンジ
   現在のトニー
●ニキさんの希望
   子育てしてから教師になる
   日本にとりいれたいもの
   生きてるだけでめっけもの
●マンガ IEPとは?